○ ロジカルシンキングセミナー@Xarts株式会社様 イベントレポート

日時:2009年1月24日(土) 13:00〜16:00
場所:Xarts株式会社様 東京オフィス
内容:ロジカルシンキングセミナー、グループディスカッションセミナー(講師:外資系コンサルタント、外資系金融現役社員)、和田社長との座談会
 

セミナーレポート:
 今回は東京大学、東京工業大学、一ツ橋大学、北里大学など、東京の学生さん向けに「ロジカルシンキングセミナー」「グループディスカッションセミナー」を開催しました!
  まず講義形式でロジカルシンキングの基礎を学び、それを実践する模擬グループディスカッションを実施しました。グループディスカッションのテーマは「祝日 を1日増やすなら、何月何日にどんな祝日にするか?」というテーマで、ディスカッションのプロセスやプレゼンテーションを講師が評価しフィードバックす る、という内容です。
 ロジカルシンキングやグループディスカッションに触れたことのない学生さんが多く、非常に役立ったとの感想をいただきました。
 また、会場となったのがXarts株式会社様の東京オフィスで、セミナーに加え、なんと「和田社長との座談会」という就活生の皆さんにとっては貴重な経験をする場も提供することができました。
 ご協力・ご支援いただきましたXarts株式会社和田社長、経営企画室斉藤様、始め社員の皆様ありがとうございました!
 以下がその様子です。

 
 和田社長と学生の座談会の様子@
 右に写っているのが「テレビ」の中の和田社長。左に写っているのが学生さんです。







 
 和田社長と学生の座談会の様子A
 座談会の会場になったのはXarts株式会社様の会議室スペースです。インテリアがオシャレですごく居心地のいい空間です。






                           
 和田社長と学生の座談会の様子B 
 テレビの中の和田社長の様子です。近頃のテレビ電話の画質はすばらしいですね。
 


     

                                                           

和田社長と学生の座談会の様子C
 学生さんたちは、企業に訪問・社長と座談会という今までにない経験で、とても緊張されていましたが、和田社長のお話に真剣に耳を傾けていました。
 


                                

 番外編〜Xarts株式会社経営理念〜
  こんな感じで壁に掛けられています。「アート」をテーマにしている会社だけあり、このような一つ一つのアイテムのデザインが豊富で、個性的な雰囲気を作り出しています。





 【学生から和田社長への質問コーナー】
Q.私は今大学院に在籍しています。
 和田社長は大学院を飛び出し、ベンチャーの道へと進まれました。
 そのためには相当な決意が必要であったと想像されるのですが、不安などはなかったのでしょうか?

A.とにかくやりたいことを達成するためにガムシャラでした。
 当時はミュージシャンになろうか、研究者になろうか、など様々な道を模索しました。
 最終的には、人材サービスのインターン経験が自分の中では大きく、「企業と学生の間でミスマッチが生じている。これを変えるためには自分でビジネスを立ち上げるしかない」と考え、その後は一直線にその道を進みました。
 もちろん不安もありましたが、「自分のやりたいことをやる」という気持ちが原動力になっていました。

Q.私は現在就職活動中ですが、進みたい道がなかなか定まりません。
 和田社長は若くして自身の目標を定め、邁進していますが、やりたいこと見つけるコツなどはあるのでしょうか?

A.やりたいことを100個紙に書く、という方法は非常に有効です。
 それも1つ1つをできるだけ具体的に書くことです。
 どんなに小さなこと、身近なことでもいいので、書いていけば自分の思いがそこに現れてきます。

 また、小学校の通信簿を見直したり、親に「自分は子どもの頃どんな子だった?」と聞いたりして、
 自身が小さい頃に何をやりたいと思っていたのか、振り返ってみるのもいいでしょう。
 小さい頃にピュアな気持ちで考えていたことはきっと今でも自身の志向に影響しているはずです。


Q.大学時代にバンドに熱中されていたそうですが、今でも続けられているのですか?

A.羽田元首相や、作曲家の三枝成彰さんが参加されている合唱団に私も参加させていただいています。
 また、先日X JAPANのTOSHIさんのレコーディングにコーラスとして参加させていただきました。

Q.今後の夢はどういったものでしょうか?

A.今は「自分の夢=Xarts」と言えるぐらい会社に対する思いは大きいものとなっています。
 社員60名と、その家族の方など全員を幸せにし、300年も500年も存続する会社にできたらな、と考えています。

 また、「社会に貢献する」という気持ちも持ち続けていきたいと思います。
 水の飲めない方たちや、伝染病が蔓延している地域に住んでいる方たちが多数いる中、そのような方たちにクリエイティブなコンテンツを配信することにより、希望を与え、社会問題の解決に繋がることができれば、と考えています。

 将来的には、例えば海外の孤児の里親制度などを整備し、彼らの自立支援をするような活動ができたら、と考えています。

◆Xarts株式会社様のHP:http://www.xarts.jp/
◆和田社長のブログ:http://d.hatena.ne.jp/wada123/



                              








inserted by FC2 system